<< 龍が如くモバイル for GREE"X" | main | WTOの行方―自由化の調和を担え: 朝日 >>

スポンサーサイト

0
    • 2016.03.08 Tuesday
    • -
    • -
    • -
    • -
    • by スポンサードリンク

    一定期間更新がないため広告を表示しています


    小ささ3位」赤ちゃん無事退院 出生時27

    0
      日本航空と全日空は20日、ゴールデンウイーク(4月27日~5月6日)の予約状況を発表した. 国内線の予約数は両社の合計で昨年比約2割増の約170万人. 両社とも「今年は東日本大震災の影響はなく、例年並みに戻った」としている. 両社とも、国内線では沖縄方面が人気. 出発のピークは4月28日、5月3日、6日という. 一方、国際線も両社で昨年より約2割増の計72万人が予約した. 欧米やハワイ、アジアの各路線とも好調. 出国は4月27、28日、帰国は5月5、6日がピークという. 世界で3番目に小さく生まれたとされる赤ちゃんが生後約5カ月で保育器から出て、母親(22)と米ロサンゼルスの病院を20日退院した. 米メディアによると、出産当時は感染症などの危険から数日の命とされたが、医師団の懸命な治療で脳や聴覚の検査も合格. 「奇跡」と話題になっている. 赤ちゃんは、昨年8月30日に生まれたメリンダ・スター・グイドちゃん. 予定より16週早く生まれた結果、当時の体重は約270グラム、身長20センチ余りだった. 体重はなお約2千グラム. 酸素チューブもつけたままで、今後6年は神経系の発達などを注視する必要があるという. 2004年に世界で一番小さい体重約260グラムで生まれた米イリノイの赤ちゃんは成長を続け、今は元気に通学しているという. 世界で2番目に小さい赤ちゃんは06年に東京で生まれた女の子で、翌年無事退院した. (ロサンゼルス=藤えりか).

      スポンサーサイト

      0
        • 2016.03.08 Tuesday
        • -
        • 17:21
        • -
        • -
        • -
        • by スポンサードリンク

        コメント
        コメントする









        calendar
             12
        3456789
        10111213141516
        17181920212223
        24252627282930
        31      
        << December 2017 >>
        PR
        selected entries
        archives
        recommend
        links
        profile
        search this site.
        others
        mobile
        qrcode
        powered
        無料ブログ作成サービス JUGEM